季節・慣習

お中元を贈る時期はいつからいつまで?

1年に2回ある贈り物の季節のひとつ、お中元。お世話になった方へ感謝を表すこと、また、暑い夏を気遣う贈り物として、古くから親しまれ習慣として根付いています。
大きく分けて、日本では西日本と東日本で贈る時期が違うのが、お中元の特徴でもあります。これは、旧暦をベースにしているか、新暦をベースにしているか、の違いも大きく関わっているようです。
贈る相手の地域の時期をしっかり把握しておくこと、時期がずれたら名称を残暑御見舞いなどに変えて贈ることが出来ること、喪中の時期でもお中元は贈っても問題ないこと、など、お中元を贈る際の基本的なマナーを見ていきましょう。

お中元の時期は地域によって違う

贈る時期も気遣うこと

日本の贈り物文化のひとつの、お中元。お世話になった人へ日頃の感謝の思いを込めて贈り物をする夏の習慣です。贈る時期は7月初旬~8月15日までの1カ月の間と言われていますが、大まかに7~8月に贈るものと捉えている方が多いかと思います。しかし厳密にいうと、地域によって時期が違い、大きく地域を分けると、東日本と西日本で異なります。
ただ、各地域の習慣を把握して日取りを気遣う作業はなかなか骨の折れるものでもありますし、全国共通のオンライン販売のサービスも充実していますので、最近は、全国的に関東の時期である、7月初旬~7月15日頃までに統一されつつあるようです。

相手の地域に合わせて贈ることは、お中元のマナーである共に、お世話になった人への感謝の気持ちや相手を尊ぶ気持ちの表れでもあると思います。お中元は、主に目上の方や年上の方への贈り物が中心になると思いますので、気遣いやマナーは最低限心得として身に着けておき、粗相のないように気を付けましょう。

「中元」は旧暦7月15日のこと

もともと、中元とは、道教の習俗のひとつで、旧暦の7月15日のことを指します。昔はこの日に祭りごとを行っていたことから、その祭りに仏教の盂蘭盆会が混ざり、祖先の霊を供養する日に変化していったと言われています。その後、江戸時代以降は盆の礼としてお世話になった人へ贈り物をする風習へと発展し、いまのお中元の形が出来上がったと言われています。

エリア別お中元時期

北海道

北海道地方の贈る時期は、旧盆にあたる7月15日~8月15日です。

東北

東北地方(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)の贈る時期は、7月1日~7月15日です。
比較的早い時期ですので、東北地域にお住まいの方へ贈る際には十分に気を付けましょう。

関東

関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)の贈る時期は、7月1日~7月15日です。
東北地方や関東地方の時期が早い理由は、明治の改暦の際に新暦を採用したために旧暦を使っている地域との時期の違いが生じているのです。
ただ、昨今は全国的に関東の時期に合わせる動きもあるようです。

北陸・甲信越

北陸・甲信越地方(新潟・富山・石川・福井・長野)の贈る時期は、同じ地域でも異なるため定まっていません。7月1日~7月15日の地域もあれば、日本海側の地域は7月15日~8月15日ところもあります。
贈る先の時期が分からない場合は、7月15日に届くようにするのが望ましいでしょう。

東海・関西・中国・四国

東海地方(静岡・愛知・三重・岐阜)、関西地方(大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山)、中国・四国地方(鳥取・島根・岡山・山口・広島・徳島・香川・愛媛・高知)、これらの地方は旧暦を元にしているため、7月15日~8月15日が贈る時期です。
しかし、関東の早い時期の流れを受けて、最近はお中元を贈るタイミングが早まっている傾向があるので、あまりギリギリの遅い時期は避けましょう。遅くなりすぎてしまう場合は、「残暑御見舞い」と名前を変えて贈りましょう。

九州

九州地方(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)の贈る時期は、8月1日~8月15日です。
日本で最も遅いエリアです。

沖縄

沖縄は他の地方に比べて、少し特殊な捉え方をしていて、旧暦のお盆にあたる7月15日にお中元を贈るのが習わしとなっています。他の地域から贈る場合は、7月15日までに届くように手配しましょう。
また、沖縄では旧盆前3日間を特別な呼び方をしてその間に行う行事などもあり、とても大切に過ごす習慣があります。昔から伝わる文化を継承し、大事にされている地域の方へ贈り物をする場合は、先方を敬う心を込めて、相手の習慣に合わせることをより意識しましょう。

お中元を贈り忘れたら、暑中見舞いと残暑見舞いを贈ろう

暑中御見舞いと残暑御見舞い

忙しくてうっかり忘れてしまっていたり、贈る相手の地域のお中元期間を過ぎてしまったり、贈り忘れてしまうことあると思います。そんな時は、名称を変えて、贈り物を贈りましょう。
東京など新盆(7月)の地域では、7月15日までを「お中元」として、それ以降は「暑中御見舞い/暑中御伺い」立秋(8月8日頃)を過ぎたら「残暑御見舞い/残暑御伺い」としましょう。
旧盆の地域では、8月15日までに「お中元」を、それ以降は「残暑御見舞い/残暑御伺い」としましょう。
(目上の方へ贈る場合は、「御見舞い」の表記だと失礼にあたるので、「御伺い」にして贈りましょう。)
お中元は夏の暑さを労う意図もあるので、時期や名称が変わったとしても、8月末までには贈り物を贈るように気を付けるのが、大事なマナーです。
また、時期がずれて名称が変わってしまったとしても、中身はお中元と同じように選んで問題ないでしょう。

喪中の時のマナー

贈る相手や自分が喪中の時でも、お中元は贈ってかまいません。あくまで感謝やお礼の気持ちを伝えるもので、お祝いではないので、喪中でも問題ないでしょう。
ただし、もし相手がまだ忌明け前で49日が過ぎていない場合は、お中元として贈るのは見送りましょう。ご不幸があってから時間が経っておらず、先方も状況が落ち着いていない場合がありますので、49日が過ぎる忌明け後に、暑中御見舞いや残暑御見舞いとしてお贈りするのが良いでしょう。

のし紙のマナー

贈る際には、のし紙をつけて贈るのが通常のマナーでしょう。
のし紙には表書きと名前を書きます。上の方に書く表書きには「お中元」または「御中元」と書きましょう。熨斗紙の水引は、何度あっても良い祝い事の場面に多く使われる紅白蝶結びを選びましょう。下段中央には、送り主の名前をフルネームで書きましょう。通常は筆ペンや毛筆を使うのが一般的ですが、最近はマジックペンで書いたり、すべて印刷で整えたりすることもあります。
また、贈る時期が変わる際には、表書きを「暑中御見舞い」や「残暑御見舞い」などに変更することを忘れずに行いましょう。

お中元は気持ちを贈るもの。事前にリサーチして手配しよう

日本の地域で旧暦か新暦か、どちらを扱うかによって贈る時期が違っていることが分かりました。また、時期に開きはあるものの、昨今では関東の時期に全国的にも揃えられる傾向があることもお伝えしました。
贈るお相手の地域の風習をきちんと心得て気遣うマナーは、贈る相手への感謝の気持ちにも繋がりますので、最低限の注意事項として頭に入れておきましょう。
日本の贈り物文化、どうしてもマナーや決まりごとが多くて煩わしく感じる部分もあるかもしれませんが、古くから続く感謝を表す機会、そして、人との縁を繋ぎ交流を担っている大切な風習だと思います。あまり難しくとらえすぎずに、お世話になった方へお中元を贈りましょう。

-季節・慣習