季節・慣習

お月見はいつから?現代の楽しみ方

夏の暑さが落ち着き、夜が過ごしやすくなってくる秋の始め。
「お月見っていつ、どうやってするんだっけ?」とふと思い出す方も多いかと思います。

日本人が昔から習慣として大切に行ってきたお月見、月を愛でて楽しむだけの集いが、
お供え物を添えて五穀豊穣を祝う祭りになっていった歴史があります。
また、お月見をするのに適した日にちもいくつか決まっており、十五夜が代表的なお月見の日です。

過去の由来や今に伝わる風習、お供え物について読み解き、この機会に知識を深めていきましょう。
さらに、現代風な自分たちらしいお月見の仕方や楽しみ方も、一緒に見ていきましょう。

2022年のお月見はいつから?

お月見の日にち

お月見とは、現代では、お月見団子やすすきを添えて、月を眺めて楽しむこと。
夏の暑さが落ち着いた頃、澄んだ夜空に浮かぶ月を眺める行事は、日本人の情緒に語りかける秋の風物詩ですね。

お月見は「十五夜」「十三夜」など決まった日に行うことが一般的です。
その代表的な日にちが十五夜。
十五夜の月のことを中秋の名月と言い、1年で最も美しい月と言われているとか。

十五夜とは、旧暦の8月15日のことを指します。
旧暦は現在の暦とは日数の数え方が異なり、そのため、十五夜は毎年日にちが変わります。
ちなみに2022年、今年の十五夜(旧暦8月15日)は、9月10日(土)です。

十五夜は必ずしも満月とは限らないのですが、
今年は十五夜と満月が同日なので、より明るいまん丸なお月見が出来るでしょう。

お月見の由来、歴史について

日本には古来から単に月を愛でる慣習はあったと言われています。
そんな中、十五夜に中秋の名月を鑑賞するという行事が平安時代に中国から日本へ伝えられた様です。
当初は平安時代の貴族を中心として、月を愛でて趣を感じ楽しんだとか、
その後、江戸時代になり、庶民にも月を見て楽しむ行いが広まったと言われています。

当初は宴会のような月を愛でる行いだった様ですが
のちに、五穀豊穣を願い、豊作を祈り感謝を捧げる催し・祭りへと進化していった様です。

その際に、里芋などの収穫した農作物やすすき、月見団子などを願掛けやお供え物として
用意するようになったと伝えられています。

お月見が楽しくなるインテリア

可愛いインテリア、飾りつけ

ただ十五夜に月を見るだけではなく、秋の時期に手軽に日常で楽しむ方法もいくつか紹介しましょう。

飾りやインテリアを使って、お月見気分を長く楽しむのも季節感があっておすすめです。
ウサギや月を模した置物や壁掛けなどは、
手頃なものから素材にこだわった上質なものまで多く販売されています。
小さめでシンプルなデザインならば、玄関やリビングの飾りにピッタリですよ。

現代風の楽しみ方

コロナ渦で、まだまだ自宅で過ごす人も多いかと思います。
そんな時は、ちょっと贅沢なお酒やおつまみを揃えて、リッチな大人のお月見をしてみてはいかがでしょうか。

お月見ムードを出すために、
酒器や食器を和風なものや、月やウサギのモチーフのものを選んでもかわいらしいですね。
最近は100円均一などでも、高見えする雰囲気の出る食器や飾りも多数扱っているので、
手軽にイベントに挑戦しやすいです。

ご自宅で楽しみながら趣向を凝らして、素敵なお月見時間を過ごして頂けたらと思います。

お団子だけじゃない!お月見のお供え物

お供えするお菓子の紹介

お月見にお供えして食べるものと言えば、お月見団子。
最近では、お月見バーガーや月見そばなど、秋の時期は月を模した食べ物が多く目にしますよね。

和菓子の最中の由来はお月見から来ている、という説から最中を食べる地域もあるそうですし
白いお団子では味気ないから、ヨモギやみたらしやきなこなど彩り豊かなお団子で楽しむ方も。

そもそも、お供えするお月見団子も地域によって見た目や作り方は異なるようです。
丸いお団子を15個重ねて飾る地域や、里芋を模した形のお団子の地域、など、多様な特色がみられます。

形に捕らわれず好きなお供え物やお菓子を用意するのも、自分なりのお月見の楽しみ方のひとつですね。

日本の伝統文化を楽しもう

古くから伝わり、秋の風物詩となっているお月見について、歴史や由来、楽しみ方を紹介してきました。

昔も今も、夜空を見上げて月を愛でることを、大切にしている日本人の心。
その情緒の豊かさや伝統文化を大切にしていけたらと願います。

そして、古き良き習慣を守りつつ、今の生活に合った現代風な楽しみ方を取り入れるのも素敵だなと感じます。
ぜひ、今年の十五夜、あなたらしいお月見を楽しんでくださいね。

-季節・慣習