仕事・お金

転職後に感じるストレス。ピークはいつ頃まで続くのが普通?

新しい職場へ意気揚々と通い始めても、慣れない社風やぎこちない人間関係、知らない社内ルール、うまくいかない業務、さまざまなマイナスな要因にショックを受けた転職経験者を、多く聞きます。
転職後3カ月は、8割の人たちが何らかのストレスを感じていた、と答えています。転職にはストレスがつきものである、と割り切って達観したうえで、何がストレスの要因になりやすいのか、どう対処すればストレスを溜め込まずに済むのか解消法、これらを詳しく紹介しています。
ストレスを感じる部分は人それぞれ、自分が何にストレスを感じるのかをしっかり分析し対策を取ることで、慣れない環境から生じるストレスを乗り越えていきましょう。

転職後のストレスのピークはいつまで続く?

3カ月の壁に注意

転職に成功して心機一転、やる気十分に働いて頑張ろうとしていたのに、思う様に上手くいかない…と悩みを抱えている人はとても多いです。実際に、転職後の3カ月の間に8割の人が何らかのストレスを抱えていたと答えており、また、転職1カ月目の約6割の人が辞めたいと考えていた、と答えています。
転職後は、新しい環境や人間関係、仕事のルールやシステムの違い、慣れないことだらけで居心地の悪さを感じるためでしょう。これはあなただけではなく、すべての転職した人が通る悩みです。転職が失敗したと早合点するのではなく、転職した代償として、「転職後3カ月の間ストレスはつきもの」と割り切った心構えをして、前向きにとらえていきましょう。

転職後のストレス要因

現実とのギャップ

ストレスの要因の1つは、イメージと現実とのギャップ、です。
キャリアアップを目指して、好条件で転職が叶ったと思っていたのに、実際に入社して仕事を始めたら、聞いていた内容と違っていたら、とてもストレスと感じますよね。
言われていた仕事内容と全く違う部署に異動させられたり、研修が無かったり、残業はほとんどないと言われていたのに蓋を開いたら残業の多い会社だったり、給与面で聞いていた内容よりも少なかったり、etc…
入社前にイメージしていたものと現実とのギャップに戸惑い、その多くは自分ではどうにもならず、従わざる負えない場合がほとんどです。想像していたものと現実の違いは、大きなストレスの要因となります。

コミュニケーションが取りづらい

ストレスの要因の2つ目は、同僚や上司とコミュニケーションが取りにくいこと、です。
働く上で、業務を遂行することは当然ですが、仕事のチームメンバー、同僚や上司など職場の人間関係を円滑に進めることもとても重要でしょう。職場が変われば、いままで築いていた人間関係もゼロになり、一から作り直しです。少しでも早く職場の人たちに受け入れてもらうためにも、まずは積極的にコミュニケーションを試みましょう。それでも、向こうの反応が悪かったり、すでに社内でコミュニティーが出来上がっていて入り込みにくかったり、なかなかスムーズにコミュニケーションが取れるとも限りません。
まずは、自分の好むやり方でなかったとしても我慢の期間と思って、先輩方のやり方に合わせてコミュニケーションを取り、馴染むことを優先させるのもひとつでしょう。

社内ルールの違い

ストレスの要因の3つ目は、社内ルールが前職とかなり違っていたこと、です。
会社が変われば、社内のルールやシステム、社風なども大きく異なることでしょう。仕事のやり方や進め方、社内の制度など、いままで当たり前と思っていたやり方が通用しなくなると、一から新しいやり方に合わせた働き方を確立させなければならないので、時間も労力も必要になってくるでしょう。
また、社風はその会社の独特のものであり、アットホームだったり、体育会系だったり、実力主義だったり、入ってから慣れない社風に戸惑うこともあるでしょう。大手か個人経営か、など規模によって社風や仕事のやり方も変わってくることも多いので、会社の規模が転職前と転職後で大きく異なる場合は、転職後に違和感を覚えることがあるかもしれません。

ライフスタイルの変化

ストレスの要因の4つ目は、ライフスタイルの変化、です。
転職によって勤務時間や休日が変わったり、夜間勤務が出来たり、通勤時間が変わったり、ライフスタイルが大きく変わるとそれだけで人は心身共に疲れやすくストレスを感じやすくなります。
身体が新しいスタイルに慣れるまで大体3カ月かかると言われていますので、まずは新しい生活リズムをしっかりと覚えてそれ自体にストレスを感じないようになりましょう。

ストレス解消法

社内に味方を一人で良いので見つけよう

おすすめのストレス解消法のひとつ、人間関係で味方をひとり作りましょう。
コミュニケーションを円滑に進めるように努めることは必要ですが、最初からすべての人とスムーズに仲良くはなれません。仕事の業務における近しい人や最初から親身に助けてくれる人など、必ずひとりはいるはずなので、
そういった人に真摯に向き合い、真面目に取り組んでいる姿勢をしっかり見てもらいサポートしてもらうことで、分からないことや質問しにくいことも安心して聞くことができるでしょう。
ひとりでも多く味方や自分自身を受け入れてくれる人を増やすためにも、挨拶やお礼、笑顔、素直さなど、小さいことだけれど大切なことを丁寧に行っていきましょう。

業務を覚えることに集中する

集中して、早く業務を覚えて、仕事において自分のやり方を見つけることも、ストレスから解放される手段のひとつでしょう。最初のストレスが溜まるであろう期間に、慣れない要因に振り回されてストレスを溜め込むのではなく、割り切って、業務や新しい社内ルールなど必要なことをしっかり身に着ける時間にするのです。わからないことや不安が解消されれば、仕事にしっかり向き合えるので、自分自身のやり方を確立出来て、成果へとつなげていけるでしょう。

リフレッシュ時間を作る

ストレスを溜め込まない方法として、仕事とプライベートのオンとオフをしっかり作ることです。休みの日にストレス発散をすることは、とても大切です。転職後の仕事のストレスのせいで、暴飲暴食してしまったり、休みに夜更かしをして生活リズムが乱れてしまったり、ストレスが原因で余計に疲れをため込んでは、本末転倒になってしまいます。
もし疲れが取れないならば、まずはしっかり心身を休めることを優先させましょう。質の良い睡眠を心がけること、リフレッシュに軽く運動をしたり日常を忘れられる場所にお出かけしたり身体を動かす時間を作ること、滋養があって身体の内側から温まる食事をしっかり食べること、これらを心がけましょう。
仕事のある平日であっても、規則正しい生活を送ることで過度なストレスがかかることを避けられるでしょう。

自分に合う克服術を見つけて乗り越えよう

転職後3カ月は、誰もがストレスを少なからず感じて、さまざまな要因からストレスは引き起こされるということをお伝えしてきました。どんな要因にストレスを感じるかは人それぞれなので、自分が困難と思う部分を集中的にケアして解消していくことが一番の近道かもしれませんね。
思っていた転職後の生活と違うことへの不安やショックでナーバスになりすぎず、誰もが起こることであると、楽観的に捉えることも大切です。目の前のことに丁寧に取り組み、目標を見失いそうになったときは、何のために頑張って転職したのか、なぜこの会社を選んだのか、初心に戻り、自分を励ましていきましょう。
慣れない環境を克服しようと思える自分に合ったやり方を見つけて、乗り越えていきましょう。

-仕事・お金