広告 テレビ・映画

国民民主党の矢田稚子元参院議員を首相補佐官へ

この記事は、2023年9月16日にヤフーニュースに出ていた元国民民主党の矢田稚子元参院議員を首相補佐官に就任する。

という、ニュースに対して、内容を深堀していきたいと思います。

特に気になったのが、なぜこの時期に野党から人を採用したのか?

そして、なぜ矢田さんが選ばれたのか?

そんな疑問を感じました。

岸田文雄首相の人事

  • 岸田文雄首相は、野党(国民民主党)出身の矢田稚子元参院議員を首相補佐官に任命した。
  • 野党出身者の補佐官任命は極めて異例。
  • これにより、自由民主党(自民)と公明党の連立政権に国民民主党を加える可能性が浮上。

首相補佐官の仕事内容はどんなことするの?どんな職種?

  1. 定員と勤務形態: 定員は5人以内で、常勤か非常勤かを指定できる。
  2. 所属と指揮: 内閣官房に所属するが、内閣総理大臣(首相)直属であり、内閣官房長官からの指揮命令は受けない。
  3. 国会議員の任命: 国会議員が任命されることが多く、特に国家安全保障に関する補佐官は法律で指定しなければならない。
  4. 会議参加: 国家安全保障会議が内閣官房に設置されており、必要に応じて補佐官も会議に参加する。
  5. その他の職務: 経済、国土強靭化、ふるさとづくり、東日本大震災復興など、多様な国内政策に関与する。

年収

  • 特別職: 常勤の補佐官は国家公務員の「特別職」に該当。
  • 同等の官職: 内閣官房副長官補、内閣広報官、内閣情報官など。
  • 年収の内訳:
    • 特別職俸給: 1410万円(月額117万5000円)
    • 地域手当: 282万円(月額23万5000円)
    • 期末手当(ボーナス): 763万7500円(年に2回、俸給月額の3.25ヶ月分が支給される)
  • 合計年収: 2455万7500円

政府と矢田氏の関係、そして今後の選挙への布石について

  • 松野博一官房長官は、この人事が新たな連立の布石かとの質問に対して具体的なコメントを避けた。
  • 矢田氏自身も「私は関知していない」と語った。

自公国連立の構想

  • 自民内では、国民民主党との連立(自公国連立)の構想が菅政権時代からあった。
  • 最近、この構想が再燃している。

国民民主党の党首に再任した玉木さんの考えについて

最近、玉木さんがYouTubeに出現しており、様々な意見を出されているので皆さんも一度チェックしてみてください。

 

連立政権について

国民民主党との連立政権の話は出ていないが、報道で取り沙汰されている。
岸田総理が内閣改造で新たな連立政権構想を念頭に置いている。

交渉役と過去の動き

茂木幹事長、麻生副総裁が交渉役。
去年後半から水面下で動きがあったと報道されている。

代表選と連立の関係

玉木代表が再選され、自民党と国民民主党との間で協議が近く行われる予定。
読売新聞の報道が注目を集めている。

政策と連立

2年連続で掲げた方針は、政策本位で与野党を超えた協力。
党員とサポーターからの理解と批判もあり。

連立の難しさと方針

連立は総理や国民民主党から閣僚を出す場合、日程に影響を与える可能性がある。
連立と協議は別で、連立はハードルが高い。

矢田氏と連合の関係

  • 矢田氏は連合に加盟する電機連合の元組織内議員で、連合の芳野友子会長と良好な関係にある。
  • この人事が連合との関係強化の狙いである可能性が指摘されている。

公明党との配慮

  • 岸田首相は、公明党の山口那津男代表に事前にこの人事を通知した。
  • 公明党は国民の連立参加に慎重であるとされている。

国民民主党内の反応

  • 国民民主党の玉木雄一郎代表は矢田氏の任命に期待感を表明。
  • しかし、党内には連立参加に慎重な意見もあり、疑心暗鬼に陥っている者もいる。

立憲民主党と連合の反応

  • 立憲民主党の泉健太代表はこの人事に「違和感がある」と批判。
  • 連合の関係者からは「連合が壊れる」との声もある。

 

-テレビ・映画

error: Content is protected !!